初期の動脈硬化も要注意

齢を重ねれば血管も老化し、硬くなっていくのはある程度仕方がない。ところが最近、老化にはほど遠いはずの若い人にも動脈硬化が起きていることが分かってきた。平均22歳の300人のうち、何と77%もの人にも動脈硬化が見つかったという。若い人にも起きるということは、老化以外にも大きな原因があると考えてよい。動脈硬化の原因には1つではなく、高血圧と血中のコレステロールが大きな原因になると考えられている。一般的に、動脈硬化は血管壁にコレステロールが付着した状態と思われているがそうではない。実は、動脈硬化の原因となるのは、コレステロールそのものではなく、これを食べたマクロファージの残骸だった。マクロファージは体内の不要物や病原菌を食べてくれるあるがたい存在。または近年、動脈硬化は勃起不全の原因としてよく知ってされています。ここでは動脈硬化が起きる過程を知り、その進行を増進させるのは何なのか、そして抑制する方法を探していこう。

➡動脈硬化が進行する原因
動脈硬化を進行される原因は加齢、ドロドロ血液、高血圧があるけど、その以外にさまざまな原因がある。そのすべてが解明されているわけではないが、若いごろから、気づかないうちに、どんどん進んでいることは確かだ。しかも、まったく自覚症状がなく、ある日重大な病気に至って初めて気づくことになる。動脈硬化が若い人にも増えている原因の1つとして考えられているのは、食生活の欧米化だ。それに加え、交通手段などの発達により運動量が少なくなっていることだという。食事に占める動物性脂肪の比率が増えているのに、それを消費するだけの運動が増えるどころか減ってきている。そのため、血液にはコレステロールがあふれ、いつの間にか血管壁はマクロファージの残骸がいっぱいになるというわけだ。

➡初期動脈硬化も要注意
普段の生活の中で、血管を意識する人は少ない。しかも動脈硬化は、ほとんど自覚症状がない上に、一般的な健康診断で検査することは少ないだろう。ただし、血圧などほかの検査で推測できることもある。では、少しくらい血管が狭くても、硬くなっていても大丈夫なのだろうか。実は、動脈硬化が初期の段階であってもあなどれない。心筋梗塞を起こし亡くなった人を解剖して動脈硬化の進行を調べた結果、血管が半分以上ふさがるほど進行していた人が32%に対し、まだ初期段階だった人が68%もいたからだ。つまり、動脈硬化が初期で、血液の通りもそれほど妨げられていない人のほうが、心筋梗塞に至る確率は高いことになる。

➡初期の動脈硬化は傷つきやすい
動脈硬化が初期段階のとき、血管は表面が柔らかさを保っている。そのため、ちょっとした刺激でも傷つきやすく、時には大きく裂けてしまうこともある。すると、その傷を治そうと血小板が大量に集まり、塊ができる。これが血栓となり、血液がストップしてしまうのだ。こんなことが冠状動脈で起きれば、動脈硬化は初期だったにもかかわらず、心筋梗塞が起きるのだ。初期ほど傷つきやすい理由は、コレステロールを食べるマクロファージの出入りが、初期の段階ほど多いからだ。マクロファージがすり抜けるときに通る小さな隙間が、血管壁をもろくすると考えられている。

本サイトはビリリティピルズの成分、効果、飲み方及び副作用などの基本情報を提供します。